Dreamy Bell

SERIZAWA's WEDDING

あの日鐘が鳴らなければ
この物語は始まらなかった

Back Ground おふたりの背景

Back Ground おふたりの背景

Dreamy bellは夢がかなった瞬間になる鐘。中学校の頃に同級生だったおふたりが再会してからプロポーズまでの日々は、まるで物語のようでした。結婚式は、ふたりの物語が新しく紡がれるようにしたい。そして、大切なゲストがそのストーリーに入り込めるような1日にしたい。そんな想いを受けてプロデュースが始まりました。

Crazy Wedding’s Produce

Crazy Wedding’s Produce

「彼女のドレス姿が見たいんです」結婚式をする理由を、こう教えてくださった新郎に、着替えた新婦が後ろからゆっくりと近づき、ポンポンと肩を叩きます。初めて見るその姿にこみ上げてくるものを抑えながら、今度は新郎がサプライズの花束を手渡すと、驚いた新婦の目からは涙が。ウェディングの始まりは、そんなおふたりの物語が1ページ増えた瞬間からでした。最後は夕暮れに送賓の時間をあわせ、ランタンの浮かぶラプンツェルの世界観を実現。ストーリーと演出をこだわり抜いたプロデュースとなりました。

■ コンセプトワード

Dreamy Bell

■ キーワード

ラプンツェル

■ ビジュアルモチーフ

BELL / BOOK / MIRROR

■ シンボリック
 
デコレーション

1. ゆりでつくられたベルロープ
→ 挙式で鳴らすベルを吊るすロープをゆりの花に
2. こだわりを詰め込んだボリュームのあるステージ
→ たくさんのお花のまわりに、コンセプトを表したベル、本、鏡
3. お見送りスペースに登場したランタン
→ 木に吊るされたランタンで
ラプンツェルの幻想的な世界観に

■ オリジナルコンテンツ

・おふたりのオリジナルストーリーブックをゲストテーブルへ
・ゲストの前でアップからダウンスタイルへとヘアチェンジ!
・1年後に叶えたい夢を書いて未来への約束を

■ 会場

郊外/野外ガーデン

■ 撮影スタッフ

写真:折原 貴祥(kuppography)
映像:次石 悠一(Tomato Red Motion)

■ プロデュース

Producer:Ayuko Miyata

https://www.instagram.com/ayuko.miyata/

Art Director:Satoshi Ida

Florist:asebi

Hair Make:Yumi Yoneta

Other CASE

to TOP