ORIGINAL WEDDING CASE

ハッピーエンド

YOKOHAMA / kanagawa

「あなたといれば何があっても最後は必ずハッピーエンドになる」 山あり谷ありの人生だったけど、お互いと出逢い全てが正解だと思えたように、これから何があっても大丈夫だと二人が強く確信できるように。結婚式は二人の新たなスタートを祝福するコンテンツを詰め込みました。愛に包まれたサプライズ尽くしのパーティ。フィナーレは、ゲスト全員からの祝福を形にし盛大に見送られるフラワーシャワーの演出を。全員から祝福を受けた光景を二人は忘れることがないように、「ハッピーエンド」な人生を共に歩んでいけますように。

BACKGROUND

スポーツバーで出会った新郎様に一目惚れをした新婦様。そこから何年もかけてお互いの想いを確認しながら今日まで歩んできた二人。当時、人間関係や家族のことなどたくさんの葛藤を抱えていた新婦様が、CRAZY WEDDINGにいらっしゃったのは実は親御様へ許可をもらう前の出来事でした。そこから約二年の月日を共に過ごし、当日を迎えた二人とプロデューサーの間には、いつしか固い絆が生まれていました。
「“私なんかが…” “僕なんかが…” 二人がそんな言葉を言う余裕がないくらいに幸せな一日を作ろう」大切な二人を思う純粋な気持ちがゲストにもクリエイター全員にも伝播した、温かな一日。

TOTAL STYLING

ここは二人が主役の「ハッピーエンド」の舞台。高砂には二人がこれまで歩んで来た大切なワンシーンを詰め込み、当日ゲストに配ったパンフレットでは、ゲスト一人一人を二人が紹介。「この物語は二人だけでは作れない」そんな思いを装飾に込めました。
パーティのメインコンテンツは、お互いからのサプライズ。こっそりと半年間練習したサックスを披露した新郎様の懸命な姿に、ゲストは涙を流しました。パーティを通して二人が「僕たち幸せになっていいんだ」と噛み締めた後に誓いをたてられるようにと、挙式はあえて最後に実施。幸せになると決めた二人が真っ白な誓約書にサインをした瞬間、ゲストからは鳴り止まぬほどの祝福の拍手が贈られました。

REAL VOICE

僕たちを支えてくれる「奇跡のチーム」がいたからこそこの日を作ることができました。
全員が僕たちの未来を何ひとつ諦めないで叶えてくれたおかげです。

VIEW VOICE

VIEW VOICE

VIEW MORE

らしさシンフォニー

SHINJUKU / tokyo

VIEW MORE

きらきらひかる

GOTENBA / shizuoka

VIEW MORE

THE RED CARPET

AOYAMA / tokyo

VIEW MORE

ハレノヒ

NINOMIYA / kanagawa

VIEW MORE

CASE01

縁日

SHIBUYA / tokyo

VIEW MORE

CASE02

Such the world

IMABASHI / osaka

VIEW MORE

CASE03

Alohomora!

KURAMAE / tokyo

VIEW MORE

CASE04

ロック THE フリーダム

NAGOYA / aichi