ORIGINAL WEDDING CASE

ええねん!

TOYONAKA / osaka

"ええねん!" は「そんなとこがあってもあんたはそれでええねん」と軽快に相手を認め愛を送る大阪弁。見える部分だけでなく、相手の奥にある素質や、努力して培ってきた才能をお互いに認め、惚れあっている二人。相手の奥にあるものを見つめているからこそ、どんなかっこわるいところを見たって「ええねん!」と贈り合うことができる。来てくれたゲストのみんなの素敵なところを伝え、ゲスト同士も褒め合い、「ええねん!」と贈り合う、温かくもユニークな結婚式。

BACKGROUND

やりたいことはあるけれど、私にはまだまだできそうにない…と時に自信を持てない新婦様。
成功することよりも、やりたいことをやろう!失敗してもええねん!と新郎様が背中を押して、当日は新婦様が一度はやってみたかった、「キャンドル教室」を開催。キャンドルづくりが好きということも、キャンドルを仕事にしてみたいという夢も、誰にも言ったことがなかった、そんな彼女の夢を聞き、誰もが拍手し応援し、彼女の背中を押した1日に。
勇気を持って初めてみんなに夢を発表した日は、夢の始まりの日となった。

TOTAL STYLING

「あんたのそういうとこがええねん」を表現するキーワードはフォトシューティング。撮る相手を「いいね!いいね!」と盛り上げる行為はまさに相手を認める行為。会場の中にはたくさんの「写真を撮るきっかけ」を準備して、さらに「ええねん!シール」を準備。ご両親への感謝も、涙ではなくええねん!という軽快な言葉と共に贈る爽やかな時間に。さらに、ゲスト全員分のコンセプトTシャツも準備して、新郎新婦のお二人が、ゲスト同士が、会社も家族も友人も、この日は垣根を越えてお互いを褒め合う、笑いの耐えない一日となった。

REAL VOICE

間違いなくあの結婚式で、私の人生は変わりました。

VIEW VOICE

VIEW VOICE

VIEW MORE

invisible theory

IMABASHI / osaka

VIEW MORE

はだしで歩こう

YOKOHAMA / kanagawa

VIEW MORE

Be kids!

TOYONAKA / osaka

VIEW MORE

THE RED CARPET

AOYAMA / tokyo

VIEW MORE

CASE01

celebration

NAGAE / chiba

VIEW MORE

CASE02

縁 -えにし-

YAMASHINA / kyoto

VIEW MORE

CASE03

invisible theory

IMABASHI / osaka

VIEW MORE

CASE04

扉をあければ

YOKOHAMA / kanagawa