ORIGINAL WEDDING CASE

ガラクタのはなし

CHIGASAKI / kanagawa

「みんなにとってはガラクタかもしれないけど私にとってはキラキラ輝く宝物」好きなものの話をしだすと、なぜ好きなのか、どこが魅力的なのか「もういいよ」って程にとことん話をしてくださる二人。そんな二人の結婚式は、綺麗に飾りつけることよりも純粋に心踊る瞬間を大切に、二人の“好き”をとことん表現して。今日は思う存分語ろう、「ガラクタのはなし」を。

BACKGROUND

古着が好きな新郎さん。日本人の名前がタグに書かれたアメリカの古着を見つけ「アメリカへ一度旅をして日本に戻って来たんだな…」なんてストーリーを考えたら、もう買わずにはいられない。ジュエリーが好きな新婦さん。「どんな石がどこで見つけられて誰がどんな想いでこの形になったのだろう…」宝石にはたくさんのストーリーが詰まっているから大切。そんな二人をもっと知り、二人の好きなものも、その背景ごともっと大好きになる。そんな一日が二人だけの結婚式のカタチ。

TOTAL STYLING

高砂は二人のお気に入りの“ガラクタ”を集めたギャラリーをイメージ。実際の二人の私物にキャプションをつけ、“背景=ストーリー”も一緒に展示しました。メインコンテンツは、ゲストも自分だけの宝物をつくれるようにと、キーチャームをつくるワークショップを。ただ配られるものを組み合わせるのではなく、ゲスト一人一人が二人の元へ集まって、好きな色・好きな質感・大きさを選び“世界に一つのチャーム”をつくる。そこに立つ二人の姿は、「いつか自分たちのショップを開く」という夢を叶えるように、キラキラと輝いていました。

VIEW MORE

らしさシンフォニー

SHINJUKU / tokyo

VIEW MORE

celebration

NAGAE / chiba

VIEW MORE

Make Sense

YOKOHAMA / kanagawa

VIEW MORE

NON LIMIT

YOKOHAMA / kanagawa

VIEW MORE

CASE01

GONG

HINODE / tokyo

VIEW MORE

CASE02

The Only

UMEDA / osaka

VIEW MORE

CASE03

キミのおまじない

TOYONAKA / osaka

VIEW MORE

CASE04

染み込む

YOKOHAMA / kanagawa